御朱印めぐりコース

【岩手】平泉中尊寺でもらえる御朱印めぐりマップ

平泉・中尊寺にある御朱印所は全部で11ヶ所、いただける御朱印の種類は13種類です。

中尊寺の敷地は広く、観光などで時間が限られている場合は、効率よく回る必要があります。限られた時間内で御朱印めぐりが出来るよう、わかりやすくまとめてみました。

ふくれん
ふくれん
中尊寺で御朱印をもらう予定のある方は、ぜひ参考にしてくださいね!

御朱印所の回り方と注意点

直書きの御朱印所は、書置きの御朱印所はで色付けしています。

「中尊寺・金色堂」では、中尊寺オリジナルの御朱印帳を購入すると、限定御朱印をいただくことが出来ます。
その場合は「金色堂」内で、御朱印帳を購入する必要があります。

全ての御朱印所が、常に開いているわけではありません。
管理人は過去に2回訪れていますが、それでも全ていただけていません。その場合は、潔く諦めましょう。

弁慶堂

  • 書置きのみ
  • 御朱印代300円
  • 弁慶堂にはオリジナルの御朱印帳もあり

地蔵堂・積善院

  • 直書きしていただけました
  • 御朱印代300円

地蔵堂の後ろに「道祖神」が祀られています。こちらの御朱印もいただけます。

  • 直書きしていただけました
  • 御朱印代300円

※地蔵院・積善寺の御朱印は、担当者によっては「書置き」対応になる可能性もあります。

薬師堂

残念ながら御朱印所が開いておらず、御朱印をいただけませんでした。

  • 書置きのみ
  • 御朱印代300円

中尊寺本堂

  • 直書きしていただきました
  • 御朱印代300円

こちらにも中尊寺オリジナル御朱印帳が販売されていますが、本堂で購入した御朱印帳では金色堂の見開きバージョンの御朱印はいただけません。

限定御朱印が欲しい場合は、「金色堂」内で御朱印帳を購入する必要があるので注意してください。

峰薬師堂

御朱印所の記載がないため、いただき忘れました。無念。

  • 書置きのみ
  • 御朱印代300円

大日堂

  • 直書きしていただけました
  • 御朱印代300円

讃衡蔵

こちらで御朱印をいただくには、『金色堂』と『讃衡蔵』の共通入場券が必要です。(800円)

御朱印帳を持参している場合は、入場口にて先に御朱印帳を預けます。番号札をもらい、ミュージアム内を見学後、出口で番号札と引き換えます。

御朱印代は出口にて。

  • 直書きしていただけます
  • 御朱印代300円

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”]数年に一度、秘佛の『一字金輪佛頂尊』が開帳されます。その時には特別な限定御朱印がいただけます。

金色堂

こちらで御朱印をいただくには、『金色堂』の入場券が必要です。(※讃衡蔵との共通券)お堂の外にも授与所がありますが、御朱印は金色堂内でもらえます。

通常版
見開き版

持参の御朱印帳の場合は「片面のみ」、中尊寺オリジナルの御朱印帳を購入した場合は「見開き」の御朱印がいただけます。

  • どちらも直書きしていただけます
  • 御朱印帳2000円(御朱印代込み)
  • 御朱印のみの場合300円

阿弥陀堂

残念ながらいただいていません。

  • 書置きのみ
  • 御朱印代300円

弁財天堂

以前は「千手観音(経堂)」の御朱印もいただけたようですが、現在はありません。

  • 書置きのみ
  • 御朱印代300円

白山神社

中尊寺にある神社です。お寺の中に神社があるのは、神仏習合期の名残です。

  • 直書きしていただけます
  • 御朱印代300円

中尊寺の近くで御朱印がもらえる場所

  • 毛越寺(もうつうじ)
  • 達谷窟(たっこくのいわや)
  • 高館義経堂(たかだちぎけいどう)
  • 熊野三社(くまのさんしゃ)

『平泉』には、御朱印めぐりの見逃せないスポットがたくさんあります。

中尊寺だけでも広大なので、じっくり参拝しようとすると時間がいくらあっても足りません。観光などで立ち寄った際は、効率よく御朱印めぐりをしてくださいね!