神社の基本

絵馬とは何?どんな由来があるの?

絵馬とは、祈願内容を書いて神に奉納するもの捧げものです。

絵馬の原型は、神に奉納した「神馬(じんめ)」です。それが転じて、木版に馬の絵を描いて、祈願の言葉を添えるようになりました。

なぜ馬なの?意味はあるの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊勢神宮 / ISE-JINGUさん(@isejingu.official)がシェアした投稿

昔、馬は重要な輸送手段・労働力でした。

日本人の生活に欠かせない馬は「神の乗り物」として大事にされ、かつて神社には生きた馬を奉納していました。

ですが馬は非常に高価なため、奉納するには負担が大きく、また神社側でも神馬の世話にはたくさんのお金が必要でした。

そのため、神馬を奉納する習慣は少しずつ簡略化され、次第に駒形や神馬の絵を描いた木版を奉納するようになりました。

これが現在の絵馬の原型です。

室町時代には絵馬堂が建てられ、大きな額に神馬の絵が掛けられるようになります。

更に江戸時代になると、馬以外にもさまざまな図柄を描いた絵馬が出回るようになり、その慣習が現在につながったようです。

今では祈願する内容によって、様々な絵馬を奉納するようになりました。