神社の基本

初穂料って何?

初穂料とは、神様に奉納する金銭のことです。

「初穂(はつほ)」は、その年に初めて収穫されたお米のことです。

昔は「初穂」を神前に供え、豊作を神様に感謝していました。

その名残で、神社でお金を払う時には、代金や値段といわずに「初穂料」といいます。

ちなみに神社で授与品(御朱印やお守りなど)をいただく時には

「いただく・授かる」「分ける・授ける」

「買う」「売る」

などの言葉を使います。

神社の授与品は、神様にお金を奉納することで、神様の力を分けていただくという意味があります。