神社の基本

おみくじの正しい引き方とは?同じ日に何回も引くのはダメ?

おみくじを引いて、気に入らない結果がでたら、ついもう一度引きたくなることってありませんか?

最近では、個性的なおみくじや可愛いおみくじも登場し、お土産に持ち帰る、なんてこともありますよね。

今まで何気なく引いていた、おみくじ。ですがふと、疑問に感じました。

  • おみくじを同じ日に何度も引いてもいいの?
  • おみくじに何か決まりはあるの?
  • そもそもおみくじを持ち帰ったり、お土産にしてもいいの?
  • おみくじを捨てる時は?
ふくれん
ふくれん
気になったので、調べてみました。

おみくじを引く時の回数や決まり

 

この投稿をInstagramで見る

 

高木神社さん(@takagi_jinjya)がシェアした投稿

おみくじを引く回数は、結論だけいうと『一度きりが望ましい』ようです。

おみくじを漢字で書くと「御神籤」。つまり神から直接もらえる、あなたへのメッセージです。

そのため「気に入らないからもう一度」といって、何度も引くのはNGです。

ただし、おみくじにルールや決まり事はありません。引く回数は自由です。

要は回数や頻度ではなく、「出てきた結果を素直に受け止める気持ちが大事」という事のようです。

質問・種類・場所を変えればOK

「結果が気に入らない」という理由で、何度もおみくじを引くのはNGですが、占いたい質問内容や、おみくじの種類を変えて占うのは問題ありません。

神様にも専門分野や得意分野があり、そして性格の違いがあります。

なので、場所を変えてもう一度おみくじを引いたり、同じ場所でも種類やジャンルが違えば、1日に何度も引くのはOK。

恋愛上手な神様には恋愛相談、健康面に心配があるなら病気に強い神様など、専門家に相談するような気持ちで試すのも、楽しみ方の一つです。

それぞれの神様を尊重する気持ちを忘れなければ、旅先などで「おみくじ巡り」をしてみるのも良いかもしれませんね!

要はあなたの気持ち次第です。

本当は1回?昔のおみくじは神聖な儀式だった

 

この投稿をInstagramで見る

 

音羽山 清水寺|Kiyomizu-dera templeさん(@feel_kiyomizudera)がシェアした投稿


では「おみくじは一度きりがいい」というのは、何故なんでしょうか?

古来の日本では、おみくじはとても神聖なものでした。

例えば昔、日本では政治上の重要な決定は「くじ引き」によって行われてきました。

決断に迷った時や重要な事があると、神の意見を聞くために、神に祈ってから「くじ」を引いた事が、おみくじの始まりといわれています。

お寺に伝わる本来のおみくじの引き方も、時間と労力を使う大変な作業でした。

まず全身を清めてから、お経を3回読み、呪文を999回唱えて、33度礼拝をしてから、仏様のお告げを聞く、というものです。

他にも願文や所作など複雑な決まりがたくさんあり、今のように気軽に引けるものではありませんでした。

まさにおみくじとは、神と繋がれる特別な力のある人や、厳しい修行を積んだ選ばれし者だけが引けるものだったのです。

もともと気軽に引くものではない事、重要な神事として行っていた事などから、「何度も引くものでは無い」と考えられたのかもしれません。

おみくじの引き方に決まりは無い

正しいおみくじの引き方は、特にありません。

昔であれば身を清めたり、いろいろな儀式を経て「くじ引き」をする必要がありました。

が、時代は変化するものです。

あえて決まりを挙げるならきちんと寺社仏閣へ参拝を済ませてから、おみくじを引きましょう。

神仏に挨拶をしてから敷居をまたぐ。一般的なマナーと同じです。

気軽な気持ちではなく、おみくじを本気で引く場合は、占いたい事柄を具体的に1つに絞り、それに対しての答えをもらう気持ちで挑みましょう。

おみくじは吉凶に関わらず持ち帰りOK

 

この投稿をInstagramで見る

 

葉山郷総鎮守 森戸大明神(森戸神社)⛩さん(@moritojinja.official)がシェアした投稿

おみくじを引いたあと、おみくじを必ず結ぶ必要はありません。

持ち帰るのも、結ぶのも、あなたの好み次第です。

「吉なら持ち帰り、凶なら結べ」と言われていますが、決まりはありません。

持ち帰るのであればそのまま持ち歩き、メッセージを時々見返すのがいいでしょう。

吉凶に関わらず、自分への励ましや日々の教訓として、生活に生かすことが出来ます。

持ち帰ったおみくじは、いただいた場所に翌年納めるのが一般的です。

ですが特に決まりはないので、ずっと手元に置いても問題ありません。

お土産にしても大丈夫?

もともと「お土産」というのは、ご利益を持ち帰って「おすそ分け」するための風習でした。

その為、おみくじをお土産にしてもOK。

渡したおみくじが、もし「凶」だと気まずいと感じる場合は、渡す前に中を確認しても問題はありません。

ただし自分の為に引いたおみくじを、不要になったからといって渡すのはNGです。

持ち帰ったおみくじを処分するときは?

おみくじは、お札やお守りの一種です。

不要になった場合でも、そのまま捨てるのはよくありません。

近所の寺社に持って行き、「所定の場所に結ぶ」または「古神札納所」に納め、お焚き上げに出しましょう。

おみくじをすぐに結ぶ場合は、必ず指定の場所に結びましょう。

おみくじを結ぶのには、願掛けの意味合いもあります。

ふくれん
ふくれん
凶や大凶を引いた時は、利き手と逆の手で結ぶと「凶を転じて吉となる」というジンクスもありますよ。