御朱印とは

「御朱印」とは、墨書きと朱色の押し印で作られた参拝を記念するものです。

もともとは参拝者が、お寺に写経を納めた証としていただいた印でした。昔は神社でも納経していたので、その名残で今でも神社で御朱印をもらうことができます。

御朱印のいただき方

御朱印は参拝した証としていただくものなので、お参りしてから御朱印をいただきましょう。
広い境内や混雑している寺院では待ち時間を考慮して、先に御朱印帳を預け、参拝中に書いていただける場合もあります。

授与所(社務所)へ向かいます。御朱印帳は、書いていただきたいところを開き渡しましょう。

御朱印を書いていただいてる間は、静かに待ちましょう。携帯電話もマナー違反です。

御朱印代は寺社によって異なりますが、300円前後が一般的です。

「お志」「お気持ちで」という場合は、300円から500円程度でよいと思います。

できればお釣のないように小銭を用意しておくのが、エチケットです。

寺社は神聖な所です。挨拶と礼儀は忘れずに、マナーを守って楽しい御朱印めぐりをしましょう。

よくある質問

記念スタンプと何が違うの?

御朱印は誰でもいただくことが出来ますが、記念スタンプのようなものとは意味合いが違います。

神仏に仕える方が筆をとり、神仏や神社名が書いてあるため、神様の分身ともいえます。お守りやお札に近いかもしれませんね。

御朱印帳を忘れてしまった

もし御朱印帳を忘れた場合は、別紙に頼むことも出来ます。

ですが準備のない寺社もあります。まずは別紙でいただけるか確認し、準備がない場合は無理にお願いするのは控えましょう。

ネットや本とデザインが違う

御朱印は担当の方が交代で書いているため、参拝した日や筆跡などが変わります。そのため、いただいた御朱印は、またと無い一つだけのものとなっています。

一筆一筆書いていただいたものなので、粗末にせず大切にしましょう。