青森

弘前八幡宮(青森県弘前市)

弘前八幡宮(ひろさきはちまんぐう)は、青森県弘前市に鎮座する神社です。

神社の歴史は古く、青森県最古の神社建築でもあります。

津軽藩政時代は弘前の総鎮守として、現在は安産守護や家内安全を願う人や、様々な分野で勝利祈願をする人が多く訪れています。

弘前八幡宮の神様

ご利益

  • 必勝祈願
  • 開運
  • 安産守護
  • 交通安全

どんな神社?

弘前八幡宮の創建は、平安時代の初期とされています。

征夷大将軍・坂上田村麻呂が蝦夷征討の際に、必勝を祈願するため宇佐神宮の八幡神を、岩木村(現在の弘前市)に祀ったことが始まりと伝わっています。

慶長17年(1612)に津軽二代藩主・津軽信牧が弘前城の築城にあたり、城の鬼門を守護するために、現在の場所に遷座しました。

ふくれん
ふくれん
鬼門とは、鬼が出入りする出入口のこと。昔は鬼門封じに神社や寺を置いて、悪いものが入って来ないように町を守っていたんだよ!

弘前八幡宮は、神仏習合期には別当寺(最勝院)が置かれ、参道には12もの塔頭寺院が軒を連ねるほど大きな寺社でした。※別当寺とは、神社を管理する寺のこと。昔は神社と寺の区別はなく、神社も1つの寺院として考えられていました。

弘前八幡宮は津軽藩から格別の保護を受けており、社殿の造営や社領の寄付、祭祀に至るまで藩の財政でまかなわれるほど重要な寺社だったようです。

ですが明治の神仏分離によって、別当の最勝院から切り離され、12ヶ寺も廃寺となり、境内の規模も大幅に縮小せざるおえませんでした。

寺院のほとんどは廃寺となってしまいましたが、本殿・唐門は江戸時代初期の状態でそのまま残っており、特に桃山文化の様式が取り入れられた華やかな本殿は、当時の栄華を今に伝える貴重な遺構として国の重要文化財に指定されています。

津軽一代様・いぬ

ちなみに津軽地方には、「津軽一代様(つがるいちだいさま)」という独特の風習があります。

生まれ年の干支を守り神として信仰する風習で、自分の干支を本尊とする寺院や神社にお参りする慣習があるんだそう。

弘前八幡宮の津軽一代様は「いぬ」なので、御朱印やお守りなど、授与品には可愛らしいお犬様のデザインが多めです。

戌年の方は参拝することで、ご利益アップも期待できかもしれません。

ちなみに弘前八幡宮の造営を行った津軽二代藩主・津軽信牧も、戌年だったそうですよ。

弘前八幡宮の御朱印

  • 受付時間9:00~17:00(予告なしに変更あり)
  • 初穂料300円
  • 直書きしていただけます
青森の御朱印まとめ青森県の御朱印情報を写真付きでまとめています。エリア別に確認できるので、御朱印集めの参考にしてください。...

オリジナル御朱印帳

初穂料1800円、御朱印代別途

弘前八幡宮へのアクセス

  • TEL:0172-32-8719
  • 所在地:弘前市八幡町1-1-1

参拝可能時間

  • 9:00~17:00(予告なしに変更あり)

駐車所

  • あり(無料)