青森

弘前天満宮(青森県弘前市)

弘前天満宮(ひろさきてんまんぐう)は、青森県弘前市に鎮座する神社です。

神社の正式名称は「天満宮」ですが、弘前天満宮の通称で知られ「弘前の天神様」として親しまれています。

桜の名所としても有名で、春になると美しい桜が境内を彩り、参拝者を楽しませてくれます。

弘前天満宮の神様

ご利益

  • 学業成就
  • 受験合格
  • 出世運UP
  • 病気平癒
  • 除災招福

どんな神社?

弘前天満宮の前身は、大行院(だいこういん)という修験道の寺院です。

大行院は津軽の山伏をまとめる役割を担う重要な寺で、津軽藩とも深い繋がりのある由緒ある寺院でした。

ですが、明治の神仏分離令によって大行院が廃寺となり、急きょ愛宕山の橋雲寺(現在の岩木町)の天神社を移転し「天満宮」としました。

そのため神道(神社)では通常、ご神体に仏像を祀ることはしませんが、大行院の本尊である「文殊菩薩」もあわせて天満宮に祀られているようです。

ふくれん
ふくれん

ちなみに文珠菩薩さまは、知恵を授けてくれる仏様。

弘前天満宮は、天神様と文珠さまの2大パワーをもつ、ご利益2倍のパワースポットかもしれません。

津軽一代様・うさぎ

津軽地方に伝わる風習に、「津軽一代様(つがるいちだいさま)」というものがあります。

津軽一代様とは、自分の生まれ年の干支を守り神とする信仰のことです。

江戸時代以前から津軽地方にある風習で、人生の節目や厄年など、必ず自分の一代様にお参りをするのが習わしなんだとか。

弘前天満宮は「うさぎ(卯)年生まれ」の一代様なので、境内にはたくさんのうさぎで溢れています。

授与品のほかにも、可愛らしいうさぎがたくさんいるので、探してみるのも楽しいですね。

弘前八幡宮の御朱印

  • 受付時間16:00まで
  • 初穂料はお気持ち
  • 直書きしていただけます
  • 宮司さんが不在時は書置き対応です
  • 御朱印帳はありません

こちらの宮司さんは、御朱印帳の両面(裏表)書きには対応していないようです。(神様が下敷きになるから)

事前にお参りする前に調べてから伺ったんですが、御朱印をいただく際に「裏面の使用はNG」「寺院と分けるべき」と苦言されたとの声も。

ちなみに御朱印のマナーや考え方については、それぞれ違いがありますので、いただく神社・寺院のルールに従うのが良いと、個人的には思います。

ふくれん
ふくれん
といいつつ、ふくれんは寺院と神社を分けていませんが、特に何事もありませんでした。(すいません)

むしろ素敵な優しい宮司さんでした。

念のため、もし気になる方は事前の準備をしてくださいね!

青森の御朱印まとめ青森県の御朱印情報を写真付きでまとめています。エリア別に確認できるので、御朱印集めの参考にしてください。...

弘前天満宮へのアクセス

  • TEL:0172-32-5796
  • 所在地:弘前市西茂森1丁目1-34

参拝可能時間

  • 参拝のみ終日可能

駐車場

  • あり(無料)

※ナビで住所指定すると、行き止まりに案内されることがあります。(駐車不可)

弘前天満宮への駐車場に行くには「サイクルショップ・オサナイ」と「和菓子屋・なかむら」のあるT字路を進み、「酒屋・加藤酒店」正面・十字路を曲がります。(入口看板あり)