神社の基本

狛犬ってなに?

狛犬(こまいぬ)は神社の境内を守る守護獣です。

神社に邪なものが入らないように、見張っています。

狛犬は基本的には2体1組のペアが基本で、向かって右が阿形(あぎょう)。左が吽形(うんぎょう)です。

狛犬のはじまり

狛犬の由来は、古代オリエントの時代までさかのぼります。

支配者の象徴であったライオンがルーツといわれ、やがて中国、朝鮮半島を経て、日本に入ってきました。

定説では朝鮮半島の高麗(こま)から伝わったため、「高麗犬(こまいぬ)」と呼ばれるようになったといわれています。

ですがなぜ「犬」と呼ばれるようになったか、実はわかっていません。

もともと狛犬のモチーフはライオンですが、日本人はライオンを見たことが無かったので、外国の異形の犬と勘違いしたのでは?など、諸説いわれています。

そういったわけで、実は狛犬は犬ではありません。

一般的な狛犬が獅子にみえるのは、このためです。

なぜ狛犬が神社にいるの?

平安時代に日本に入ってきた狛犬は、当初は権威の象徴として、天皇の座におかれていました。

平安時代の後期には、神社の社殿の扉の前や装飾として、屋外にも配置されるようになります。

狛犬は次第に権威の象徴から、鬼門に置くことで悪いものから守護してくれるものとして解釈されるようになり、その役割が変わっていったと考えられています。

私たちがよく見る石の狛犬は、鎌倉時代頃から登場しました。

それ以前は木製の狛犬が一般的で、屋外に狛犬を設置するようになった頃から、耐久性の高い石が使われるようになりました。

実はめっちゃ健気な狛犬

狛犬は空想上の霊獣で、神さまに仕える「神使(しんし)」ではありません。

そのため、神使がいる神社では、狛犬の代わりに神使を配置していることがあります。例えば、稲荷神社のキツネが代表的です。

神使の場合、その動物も信仰の対象になっていることが多いですが、狛犬は神使ではないので信仰の対象にはなっていません。

境内に邪な物が入らないように、そして参拝者を見守る狛犬ですが、狛犬が注目されることは多くありません。

いつも雨風にさらされ、注目されることが少なくとも、神社を護る狛犬は実はめっちゃ健気な存在かもしれません。