宮城

蔵王寺(宮城県蔵王町)

蔵王寺は、日本有数の高地にある山岳寺院です。

蔵王連峰の中腹に位置し、蔵王エコーライン沿いにある地蔵信仰のあるお寺で、修験道の霊場としての歴史は古く、賽の磧供養は約600年前から始まったとされています。

蔵王寺の地蔵信仰と賽の河原

地蔵信仰とは、地蔵菩薩に対する信仰のことです。

日本では平安時代末期から貴族を中心に、「地蔵菩薩に祈願すれば全ての人々に救いの手をさしのべ、あらゆる苦難から救ってくれる」と信仰されていました。

やがて地蔵様は弱者を救ってくれる菩薩として、庶民の間にも浸透していきます。子供を守ってくれる菩薩様としても、信仰されていきました。

そんな地蔵菩薩には賽の河原に自ら足を運んで、子どもを救済する逸話があります。

人は死んで冥土の旅に出ると、三途の川を渡るといわれています。その三途の川の手前にあるのが、賽の河原です。

幼い子供が親より先に死ぬと三途の川を渡ることが出来ず、賽の河原で鬼のイジメにあいながら石積みをしていると信じられ、いつまでも成仏出来ないと考えられてきました。

地蔵菩薩はそんな子ども達を鬼から守り、成仏への道を開いてくれる菩薩様です。

そのため昔は、子ども達への供養のために小さなお地蔵様を造って、賽の河原まで背負って運び、念仏を唱えて供養したそうです。

ふくれん
ふくれん
ちなみに蔵王寺では、「賽の河原」では「賽の磧」の文字を使用しています。※読みは同じく「さいのかわら」

蔵王寺の御朱印

  • 受付時間不明
  • 御朱印代500円
  • 直書きしていただきました
宮城の御朱印まとめ宮城県の御朱印情報を写真付きでまとめています。エリア別に確認できるので、御朱印集めの参考にしてください。...

オリジナル御朱印帳

オリジナルの御朱印帳2種類あり。

デザインは蔵王寺の公式ページで確認できます。

蔵王寺へのアクセス

  • TEL:0224-87-2709
  • 所在地:宮城県刈田郡蔵王町字倉石岳国有林(蔵王エコーライン中腹)

参拝可能時間

  • 蔵王エコーライン通行期間中のみ

駐車場

  • あり(無料)