福島

中野不動尊(福島県福島市)

中野不動尊(なかのふどうそん)は、福島市飯坂町にある仏教寺院です。

日本三不動のひとつに数えられる中野不動尊は、「中野のお不動様」と呼ばれ、多くの人が参詣した聖地です。

どんな願いでも、清らかな心で念ずれば叶えてくれるお不動様として、現在も信仰は続いています。

中野不動尊はどんな寺院?

中野不動尊は開山から約830年の歴史を持つ、曹洞宗の寺院です。

古くは修験道の道場でしたが、明治36年、本堂建立の折に曹洞宗に改宗しました。

中野不動尊の起源は、恵明道人(えみょうどうにん)という修験僧が一匹のカモシカに導かれ山に入り、そこで山神のお告げを受け、「三ヶ月不動尊」を祀ったことが始まりとされています。

そして未開の地であった中野の山中に洞窟を掘り、本堂などの施設を建立し、寺院としました。

中野不動尊の諸堂には、本堂に厄除け不動明王、祈祷殿に眼守不動明王、洞窟の中に三ヶ月不動明王の三つの不動明王が祀られています。(日本三不動)

  • 本堂・厄除け(やくよけ)不動明王…厄除け・難除け
  • 祈祷殿・眼守(がんしゅ)不動明王…病気平癒(特に眼病)・学業成就・交通安全
  • 奥の院・三ヶ月(みかづき)不動明王…出世と学問を授ける

洞窟めぐり

中野不動尊の奥の院にあたる数か所の洞窟は、もともとは修験者たちの道場でした。

修験者は滝行を行ったあと、この洞窟に数日間滞在し、修行したといわれています。

洞窟の中には三十六童子様(お不動様のお弟子さん)が一つずつ祀られており、現在は一本に繋がれ、参拝者が自由に巡ることが出来るようになっています。

洞窟の奥には恵明道人が点火した聖火があり、平安時代から現在も消えることなく洞窟の中で燃え続けています。

聖火の奥には、出世と学問を授けるといわれる三ヶ月不動明王が祀られています。

「六三除け」発祥の地

「六三除け(ろくさんよけ)」とは、年齢によって変わる障り(身体の悪いところ)を、祈祷によって解除する厄除けのことです。

実は中野不動尊が「六三除け」の日本発祥の地。

中野不動尊の本堂横には「六三除け受所」があり、申し込めば病気平癒の祈祷を行っていただけます。(当日の申込み可※団体は要予約)

中野不動尊の御朱印

  • 受付時間8:30~17:00(10月中旬から12月は16:00まで)
  • 御朱印代300円
  • 直書きしていただけます
福島の御朱印まとめこれまでにいただいた福島県内の御朱印一覧です。御朱印を直接クリックすると、寺社の詳細ページをみることが出来ます。 福島地区 ...

オリジナル御朱印帳

御朱印帳1700円、御朱印代別途300円

中野不動尊へのアクセス

  • TEL:024-542-2100
  • 所在地:福島県福島市飯坂町中野

参拝可能時間

  • 8:30~17:00
  • 10月中旬から12月は16:00まで

駐車場

  • あり(無料)