神社の基本

神宮・大社・神社の違い

神宮、大社、神社と呼び名が違うのは格式が違うから。

神社にも「社号」と呼ばれる格付けがあり、最高位は「神宮」です。

神宮(じんぐう)

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊勢神宮 / ISE-JINGUさん(@isejingu.official)がシェアした投稿

「神宮」とは、皇室にゆかりのある神様を祀る神社のことです。

正確には、皇室の祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る、伊勢神宮の正式名称を「神宮」といいます。

伊勢にあるから「伊勢神宮」と呼ばれます。

近年まで神宮の称号をもっていたのは、この3社のみでした。

  • 伊勢神宮
  • 茨城県の鹿島神宮
  • 千葉県の香取神宮

明治以降になってから、皇室と関係の深い神社の一部を神宮と呼ぶようになりました。

大社(たいしゃ)・宮(ぐう)

古くは大国主神(おおくにぬしのかみ)を祀る出雲大社を示す、社号として使われていました。

出雲大社の場合、正式には「たいしゃ」ではなく「おおやしろ」と呼びます。

現在は歴史的由緒が古く、地域の信仰の中心となる大きな神社の本社を「○○大社」と呼ぶことが多いです。

代表的なものだと、春日大社、松尾大社、諏訪大社などです。

ちなみに「宮」がつく神社も、由緒ある歴史を持つ神社につけられることが多い傾向にあります。

神社(じんじゃ)

それ以外の、一般的な神社が「神社」と呼ばれています。

「○○社」と付く神社には、祭神が分霊された場合につけられることが多いようです。

※分霊とは、神様の霊を分けて他の神社に祀ること

現在の社格制度

ちなみに現在は格付け制度はありません。

明治以降、近代社格制度というものがあり、神社を等級化しました。

ですが近代社格制度は第二次世界大戦後に廃止され、現在では神社の格を表す目安とされています。