宮城

熊野那智神社(宮城県名取市)

熊野那智神社(くまのなちじんじゃ)は、宮城県名取市・高舘山の山頂に鎮座する神社です。

かつて海底から漁師によって引き上げられたご神体の光が、高舘山を示していたことにより創建されたという伝説があり、そのことが「閖上(ゆりあげ)」の地名の由来になったとされる神社です。

同じく名取市にある熊野神社、熊野本宮社とともに「名取熊野三社」のひとつに数えられています。

熊野那智神社の神様

羽黒飛龍大神

ご利益

  • 海上安全・大漁祈願
  • 健康・病気平癒
  • 縁結び
  • 必勝祈願

どんな神社?

養老元年(716)、名取郡廣ノ浦(現在の閖上)に住む漁師が、海底に光るご神体を見つけ引き上げました。

漁師はご神体を家に持ち帰り、大切にお祀りし、朝晩欠かさず祈りました。

するとある晩から、廣ノ浦より西の方角にある高舘山に向かって、龍のような光が走るようになったそうです。

そして漁師の前に羽黒飛龍の神となって現れました。

そのため高舘山に社殿を建設し、「羽黒山飛龍大権現」としてご神体を祀ったという伝説があります。

この言い伝えが、熊野那智神社の起源といわれています。

のちに名取老女の熊野三神の勧請にあたり、「熊野那智大社」として改称されました。

熊野那智神社は「名取熊野三社」の一つとして伊達家からの崇敬もあつく、社殿の造営や社地の寄付なども受ける格式ある神社でした。

その後、明治の神仏分離令によって、社殿に奉納されていた懸仏(かけぼとけ)などが関係者によって密かに埋められ、時を経て、明治31年(1898)の拝殿の移設工事中に床下から発見されています。

ふくれん
ふくれん
神仏分離によって仏教色の強いものは壊されたり、焼き討ちにあう弾圧が各地で起こったので、この地に住む人々が命懸けで地元の宝を守ったのかもしれないね!

見つかった懸仏などは大変貴重なもので、現在は155点が国や県指定の重要文化財となっています。

熊野那智神社には鳥居はなく、境内の奥には鐘堂、表参道には神門があるなど、神仏習合期の名残が残っています。

閖上の地名の由来と観音堂

ちなみに漁師がご神体を引き上げた際に、「閖上(ゆりあがり)ノ濵と称せ」とのお告げがあり、地名を廣ノ浦から現在の閖上(ゆりあげ)に改めたという伝説も。※諸説あり

また引き上げたとされるご神体は、高舘山の那智観音堂に今も大切に安置されています。

熊野那智神社の御朱印

  • 受付時間9:00~17:00(予告なしに変更あり)
  • 初穂料300円
  • 直書きしていただけます
  • 不在の場合は書置きあり(無人)
宮城の御朱印まとめ宮城県の御朱印情報を写真付きでまとめています。エリア別に確認できるので、御朱印集めの参考にしてください。...

オリジナル御朱印帳

初穂料1500円、御朱印代込み(予告なしに変更の可能性あり)

熊野那智神社へのアクセス

  • TEL:022-765-8217
  • 所在地:宮城県名取市高舘吉田字舘山8

参拝可能時間

  • 9:00~17:00

駐車場

  • あり(無料)