宮城

仙台東照宮(仙台市青葉区)

仙台東照宮(せんだいとうしょうぐう)は、承応3年(1654)に仙台藩2代目藩主・伊達忠宗が徳川家康を祀るため、約6年かけて創建した神社です。

承応4年に仙台東照宮の祭礼で行った仙台祭は、現在の仙台青葉まつりの元になったといわれています。

この地に親しみを込めて「仙台東照宮」と呼ばれていますが、正式名称は「東照宮」です。

仙台東照宮の神様

ご利益

  • 開運厄除
  • 家内安全
  • 延命長寿
  • 商売繁盛
  • 出世祈願
  • 学業成就
  • 必勝祈願

どんな神社?

仙台藩は伊達政宗の没後、大火・洪水など災害が続き、仙台藩の財政は重大な危機に直面していました。ですが幕府が財政的な支援をしてくれたおかげで、藩の体制を維持することが出来たそうです。

こうしたこともあり、2代目藩主・伊達忠宗は徳川家に恩義を感じていました。

忠宗は感謝の意味を込めて東照宮の創建を願い出ると、80万人の人手と金2万両を費やし、5年の歳月をかけて東照宮を造ります。

神社は別当寺などを含めると15棟以上の大規模なもので、仙台駅が開通する前は広瀬川まで参道(宮町)が続いていたそうです。

ちなみに仙台東照宮が鎮座している場所には、もともと榴岡天満宮が鎮座していました。

生前、徳川家康が仙台を訪れた時に休憩した家康ゆかりの場所だったため、榴岡天満宮を移転させ、ここに東照宮を建立したといわれています。

仙台東照宮の御朱印

  • 受付時間8:00~17:00(予告なしに変更の可能性あり)
  • 初穂料300円
  • 直書きしていただけます
宮城の御朱印まとめ宮城県の御朱印情報を写真付きでまとめています。エリア別に確認できるので、御朱印集めの参考にしてください。...

オリジナル御朱印帳

  • 初穂料1500円
  • 御朱印代別途
  • 他にも白色・ピンク色があります

仙台東照宮へのアクセス

  • TEL:022-234-3247
  • 所在地:仙台市青葉区東照宮1丁目6-1
  • 交通:JR仙山線東照宮駅から徒歩3分

参拝可能時間

  • 参拝のみ終日可能(※社殿は17:00で閉門)
  • 社務所は8:00~17:00まで

駐車場

  • あり(無料)