日本の神さま・神話

セオリツヒメ(瀬織津姫)

セオリツヒメは、神道の大祓詞(おおはらえのことば)に登場する神様です。

古事記・日本書紀には登場しない神で、色々と謎の多い女神として有名な神様。

ですが一方で水を司る女神として各地の神社に祀られ、災い事・罪・けがれを川から海へ流してくれる「祓いの神様」として信仰されています。

どんな神様?

セオリツヒメは古事記や日本書紀に登場しない神なので、どんな神様なのか、その存在は謎のままです。

ですが、不思議な事に神道(神社の教え)で重要な意味を持つ大祓詞に登場しており、それがまた謎を呼び、ちまたでは「封印された神」なんていわれたりしています。

謎の多い瀬織津姫の伝説

まことしやかに噂される「セオリツヒメの伝説」を簡単にまとめてみました。

諸説ありますが、どれも根拠のあるものではなく、あくまでも伝説としてのお話です。

1.実は弁財天のこと?

昔からよくいわれている説の一つに、「実は弁財天のことを指している」という説があります。

七福神の1人として知られ、日本でかなりメジャーな福の神・弁財天。

芸事や芸能の神様として信仰を集める弁財天ですが、実は海の彼方からやってきた水を司る女神様でもあります。

セオリツヒメも弁財天も美しい女神であること、水神であることなど相違点も多く、実はセオリツヒメと弁財天は同一神なのでは?とささやかれています。

2.朝廷に封印された女神?

セオリツヒメはとても謎の多い女神であるにも関わらず、何故か日本最高峰の神社・伊勢神宮に祀られています。

伊勢神宮・内宮の別宮「荒祭宮」に、天照大御神(アマテラス)の荒神として祀られているセオリツヒメ。(荒神は神々が持つ荒々しい側面、災いを起こす神のこと)

セオリツヒメは一説によると、アマテラスよりも前に信仰されていた古来の神様。

そのため、天皇の祖神であるアマテラスを頂点とする朝廷にとって、セオリツヒメがいると都合が悪いため、封印されたという説も。

また、もともとセオリツヒメを祭神に祀っていたはずの神社が、祭神をアマテラスに変えていたり、あるいは別の神様(あるいは別称)を祀るように変更していたりと、不思議なことも多いので、朝廷に消された悲劇の女神というイメージがついたようです。

3.アマテラスの奥さん説

実はアマテラスは女神ではなく男神で、その奥さんがセオリツヒメだった、なんて説もあります。

世界的にみても、太陽神を女神として祀るのは非常に珍しいこと。しかも男性主権の時代が長く続く日本で、最高神を女神として崇めるのは不自然では?とか、なんとか。

そのため元々は「男神だったのでは?」といわれています。

なんでも時の天皇である「持統天皇」は女性天皇。

朝廷は女性天皇の正当性を示すために、天皇家の祖先にあたる神・アマテラスを女神として描く必要があった、という疑惑がささやかれています。

もちろん男神を女神に無理やり変更するわけですから、色々と不都合も起こります。

ということで、奥さんであるセオリツヒメを歴史から封印する必要があった・・・。

ちなみニギハヤヒという神様が古事記や日本書紀に登場しますが、実はこの神様こそが本来の男神・アマテラスのことではないか?ともいわれています。

4.織姫と彦星のモデル?

もともと男神・アマテラス(アマテル)と、妻であるセオリツヒメは夫婦神として一緒の祀られていた、という伝説もあります。

というのも、古代・縄文時代にまでさかのぼると、神は夫婦神として祀られるのがポピュラーだったんだとか。

古来の日本でもともと広く信仰をあつめていた神が男神・アマテラスと、女神・セオリツヒメの2柱であり、のちにアマテラスの性別を変更したことで、以前から祀られていた2柱は歴史の闇に葬り去られることになった、という噂も。

平安時代から宮中行事で始まったとされる、七夕に登場する「織姫と彦星」の話は、実はセオリヒメがモデルとも言われています。

離れ離れになった2柱が、年に一度だけ再会できる七夕。

信憑性や根拠はなく、まことしやかにささやかれている伝説ですが、もし2柱がモデルだとすると、抹消され続けたセオリツヒメも少し浮かばれる気がしますね。

セオリツヒメのご利益は?

セオリツヒメは神道の神々をお参りする時に唱える、大祓詞に登場します。

大祓詞の内容では、セオリツヒメは祓戸大神(はらえどのおおかみ)として、私たちの罪やけがれを取り払ってくれる神として示されています。

セオリツヒメは、私たちから取り除いた罪やけがれを川から海へ流してくれる神様。

そのため、厄除け開運のご利益が得られるとされています。

セオリツヒメの別称

  • 瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)
  • 瀬織津比売(せおりつびめ)
  • 瀬織津毘売(せおりつびめ)
  • 撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ)
  • 八十禍津日神(やそまがつひのかみ)
  • 瀬織津姫穂乃子(せおりつひめほのこ)
  • 向津姫(むかつひめ)
  • 橋姫(はしひめ)
  • 菊理姫(くくりひめ)