日本の神さま・神話

七福神とは?それぞれのご利益と見分け方

  • 恵比壽(えびす)
  • 大黒天(だいこくてん)
  • 毘沙門天(びしゃもんてん)
  • 福禄寿(ふくろくじゅ)
  • 寿老人(じゅろうじん)
  • 弁財天(べんざいてん)
  • 布袋(ほてい)

『七福神』とは一般的に、この7人の神々のことを指します。商店街やデパート、あるいはお正月の福袋などで、日常的に目にすることも多いですよね。

私たちの生活にすっかり浸透している七福神ですが、七福神がどんな神様なのか答えられる人は少ないはず。

ふくれん
ふくれん
今回は七福神について、どんな神様で、どんなご利益があるか解説します!

七福神のルーツや由来

ふくれん
ふくれん
そもそも七福神は、日本古来の神様じゃないことを知ってますか?

実は七福神のルーツのほとんどが、外国から日本にやってきた神様をモデルにしています。

そのため七福神の乗っている船は「富」を表すのと同時に、この7人の神々が外からやってきたことを表しています。

七福神は元々、中国から仏教が伝わった時に、それぞれが独立した神様として日本で信仰されるようになりました。

七福神として知られるようになったのは、室町時代頃です。7人を1セットにして水墨画に描いたところ、「縁起がいい!」として流行したのが、今の七福神のルーツ。

やがて縁起物の定番として、日本各地に広まっていきました。

八福神とは?メンバーが違うのはなぜ?

七福神といえば、恵比壽・大黒天・毘沙門天・福禄寿・寿老人・弁財天・布袋の7人が定番ですが、当初からメンバーが固定されていたわけではありません。

昔は「お多福」や「福助」、「だるま」や「ひょっとこ」といった福の神が、七福神のメンバーに選ばれることもありました。

江戸時代頃には現在の7人にほぼ固定されましたが、今でも七福神は「必ずこのメンバーじゃなきゃダメ!」という決まりはありません。

そのため神社やお寺などによって、七福神のメンバーが異なっていたり、七福神に1体加えて「八福神」として祀っているケースもあります。

ふくれん
ふくれん
「八福神」を祀る寺社は、今も昔もそのまま神様を大切にしているんですね。

七福神の名前・特徴・ご利益

福の神として私たちの暮らしに浸透している七福神ですが、意識しないと区別するのは難しいですよね。

ここでは七福神の特徴やご利益についてまとめてみました。

「恵比壽」は商売繁盛

異民族を意味する「夷(えびす)」とも呼ばれる恵比壽(えびす)は、海の彼方から漂着した神様です。

七福神で唯一日本に由来する神様で、日本の神話に登場する「事代主神(ことしろぬしかみ)」と同一視される神様です。「事代主神」は神話の中で釣りをしていたので、恵比壽も釣り竿を持っていたり、鯛を釣り上げている姿でイメージされています。

えびす様のご利益

  • 商売繁盛
  • 五穀豊穣
  • 大漁満足
  • 航海安全
  • 開運招福

とりわけ「商売繁盛の福の神」として庶民に人気がありました。

「大黒天」は金運・出世運UP

大黒天(だいこくてん)は元はインドの台所の神様、マハーカーラです。音が大国に通じる事から、日本の神「大国主神(おおくにぬしかみ)」と一つになりました。

神話の中で大きな袋を担いで歩いていた為、大きな袋を持っています。また次第に福の神として信仰され、今では宝を生み出す小槌を持つ姿が一般的になりました。

大黒天のご利益

  • 財運・金運向上
  • 商売繁盛
  • 出世開運

お金に関わる場所によく祀られています。

「毘沙門天」は戦の神

毘沙門天(びしゃもんてん)はインド神話に登場する富と財宝の神様、クベーラ。仏教を守護する四天王のひとりで、日本の仏教に取り入れられてからは「戦の神」として信仰されました。

毘沙門天の別名は、多聞天(たもんてん)です。

江戸時代には「勝負ごとに利益あり」として、武士にも人気の神様でした。上杉謙信が自身を「毘沙門天の化身」といったことでも有名な神様です。

槍を持ち、鎧を身に着け、荒ぶる武神姿が他の七福神とは一線を画す所です。

毘沙門天のご利益

  • 勝運アップ
  • 受験合格
  • 厄除開運
  • 商売繁盛
  • 財運・金運向上

毘沙門天は「武神」としてのイメージが強いですが、家族を守り勇気を与えてくれる神様でもあります。

「福禄寿」は幸福を授けてくれる

福禄寿(ふくろくじゅ)は、道教(中国の三大宗教の一つ)の神です。夜空に浮かぶ南極星の化身とされています。

一般的に頭が長く、伸びたあごひげに、大きな福耳が特徴としてイメージされています。

昔の中国では、南極星は「南極老人星」と呼ばれていました。南極星は決まった時期にしか見ることが出来なかったため、『南極星が現れると健康で長生きが出来る』とされ、大変ありがたい星だと考えられていました。

また「南極星が現れると天下泰平になるが、現れないと争乱になる」ともいわれ、南極星は古くから国家安泰や寿命を司る星として神格化されていたようです。

福禄寿のご利益

  • 財運招福
  • 立身出世
  • 子孫繁栄
  • 延命長寿

福禄寿の名前の意味は、「福」は幸福、「禄」は金銭に恵まれ、「寿」は長寿を意味しています。

「寿老人」は長寿長命・無病息災

寿老人(じゅろうじん)は中国の道教由来の福神で、福禄寿と同一視されることが多い神様です。

寿老人と福禄寿は昔、同じ神様として考えられていました。その為、絵や場所によっては外見が逆になっていたり、姿が混同していたりと、見た目だけでは判別しにくいのが、この2人です。

見分け方としては、寿老人は三千年の長寿を保つ玄鹿を従え、人々の難をはらう団扇や桃を持っています。

福禄寿と同じく、南極星の化身ともいわれています。

寿老人のご利益

  • 延命長寿
  • 健康運向上
  • 知恵授け
  • 招福円満
  • 家庭円満

ありがたいおじいちゃん。

「弁財天」は知恵を与えてくれる

弁財天(べんざいてん)は元はインドの水の女神で、音楽や知恵を司るサラスヴァティーです。

琵琶に似た弦楽器を手に持ち、大変美しい女神としても有名です。

もともとは水と豊穣の女神で、聖なる川「サラスヴァティー川」の化身とされています。やがて「流れる川=流れるもの全ての女神」と解釈され、言葉や知識、音楽の神に変化していきました。

日本では「水」に関わりのある場所に祀られることが多く、羽衣をつけた天女様として描かれています。

弁財天のご利益

  • 財運・金運向上
  • 技芸上達(芸能・音楽)
  • 学業成就
  • 縁結び・恋愛成就
  • 悪縁切り
  • 立身出世
  • 勝運UP

七福神の中で、最も多彩なご利益を授けてくれるのが弁財天です。日本各地で様々な形で祀られています。

「布袋」は平和を授ける神

布袋(ほてい)だけは実際の人物で、中国の伝説的なお坊さんをモデルにしています。

お坊さんは本来、「契此(かいし)」という名ですが、常に大きな袋を背負っていた姿から布袋と呼ばれました。

太鼓腹の姿で、寺に住む訳でもなく、変わったお坊さんでした。不思議な逸話や、人間離れした伝説的な話も多く、実は「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」の化身では?と人々の間で噂されたとか。

日本では鎌倉時代、布袋の絵が縁起物として人気になります。肥満体型の布袋の姿が、広い度量や円満な人格、また財があって華やかに見えると好まれたようです。

布袋さまのご利益

  • 開運
  • 良縁
  • 子宝
  • 金運アップ
  • 商売繁盛
  • 無病息災

ちなみに布袋が背負っている袋は「堪忍袋」ともいわれています。