日本の神さま・神話

シオツチ(塩土老翁)

シオツチは、日本神話に登場する海の神様です。

海路の神・製塩の神として日本各地で祀られています。

また、様々な知識を持つ神様で、神話の中では登場人物に知恵を授けたり、進むべき道を示す行動を取っていることから、先導者としての役割を持つ神様だと考えられています。

ピンチや困難にあった時、進むべき道を良い方向へ示してくれる「導きの神様」です。

どんな神様?

シオツチはたびたび神話に登場する神様ですが、その由来はよくわかっていません。

もともと日本にいた神様、「国津神」だと考えられています。

シオツチは天上の神々が地上に降り立つ前から、古くから日本で信仰されてきた神様です。

道しるべ・導きの神

シオツチは神話の中で、登場人物の今後に左右する大事な場面にいつも現れ、彼らのピンチを助けるアドバイザーのような神様です。

例えば「海幸彦と山幸彦」という神話の中では、大事な釣り針を失くし途方に暮れるホオリ(山幸彦)に、その後の解決策をアドバイスしています。

また日本建国の物語「神武東征」にも登場し、「東によき国がある」と勧めたもシオツチです。

このように、私たちが進むべき道を照らしてくれる神様がシオツチです。

製塩の神

全国にあるシオツチを祀る神社の総本社は、宮城県塩竃市にある鹽竈神社です。

鹽竈神社の社伝では、シオツチがこの地の人々に製塩方法を教えたとされています。

昔から大陸を海で囲まれた日本人にとって、海は生活に欠かせないものでした。

シオツチは海に関するたくさんの情報を持っており、海のそばで生活する人々にとって、生きるための知恵を授けてくれる、頼りがいのある神様だったのかもしれません。

鹽竈神社(宮城県塩竈市)宮城県塩竈市「鹽竈神社」の詳細情報・御朱印・御朱印帳・受付時間・アクセスについてまとめています。...

シオツチのご利益は?

  • 海上・航海安全
  • 大漁・商売繁盛
  • 縁結び
  • 安産
  • 開運

シオツチの別称

  • 塩椎神(しおつちのかみ)
  • 塩土老翁(しおつちのおじ)
  • 塩筒老翁(しおつちのおじ)
  • 鹽土老翁神(しおつちおじのかみ)
  • 事勝国勝長狭神(ことかつくにかつながさ)