神社の参拝作法

神道には厳密な教義や戒律はありません。ですが祭式や作法を大切にしてきた歴史があります。

お参りするときは、神様を敬いながら丁寧にお参りすることで、良いご縁を授かることができるかもしれません。

1.鳥居をくぐる

鳥居をくぐる前に、神様の鎮座する本殿に向かって一礼しましょう。

 

たくさん鳥居がある場合は、一番手前の鳥居の前で一礼を。

2.手水の作法

参道の途中に手水舎と呼ばれる鉢や水盤があるので、手や口をすすいで心身のけがれを落とします。

 

① 柄杓をとる

右手で備え付けの柄杓(ひしゃく)をとり、水をくむ。

この水で⑥までの動作を行う。

② 左手を清める

まずは柄杓の水を左手を洗う。

③ 右手を清める

柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗う。

④ 口をすすぐ

柄杓を右手に持ち替えて、左手に水をため、口をすすぐ。

柄杓に直接口をつけたり、水を飲んだりしないように注意を。

⑤ 柄杓を洗う

残った水を柄杓の柄にかけて洗う。

 

次に使う人にも気持ちよく使ってもらうための心遣いを忘れずに。

⑥ 柄杓を戻す

柄杓を元の場所に伏せて終了。

3.拝礼をする

神様のいる本殿前に拝殿があり、そこでお参りをします。

賽銭箱にお賽銭を納め、鈴を鳴らして邪気を払いましょう。

基本は「二礼二拍手一礼」ですが、神社によっては独自の参拝作法を行うところもあります。※例えば出雲大社は「二礼四拍手一礼」です。

 

① 二礼する

2回深々と頭を下げる。会釈ではなく、90度くらいが良いとされている。

 

二礼するのは神様に敬意を表すため。

② 二拍手する

胸のあたりまで手を上げたら、手を2回打ち鳴らす。

手を鳴らすのは、神様を呼び込む意味がある。

 

両手を合わせ、静かに日頃の無事を感謝し、祈願する。

③ 一礼する

両手を下ろしたら、もう一度深く頭を下げる。

参拝の豆知識

参道の歩き方

鳥居から社殿まで続く参道は、「正中(せいちゅう)」と呼ばれる神様の通り道。

参拝者は正中を避けて歩きましょう。

鈴の音色

拝殿前にある邪気を払う鈴。

鳴らす音色で心願が叶うかどうか判断できるともいわれています。

 

美しい音色を響かせるように、丁寧に鳴らしましょう。

本来は感謝する場所

いざ神前に立つと、神様には何かとお願いしたくなるもの。

 

ですが本来、神社は、日々の暮らしがつつがなく送れたことに感謝し、邪心を払って身を清める場所。

お願いとあわせて、感謝の気持ちを捧げてみるとなお良しです。