日本の神さま・神話

スクナヒコナ(少彦名)

スクナヒコナは、私たちの健康を守る医療の神様。

オオクニヌシと共に日本中を旅し、人々の暮らしが豊かになるよう、様々な知恵を授けてくれた神様です。

スクナヒコは一寸法師のモデルともいわれ、その小さな体で国土開発を行い、農業技術、医療の発展、酒造技術の向上に大きく貢献したとされています。

どんな神様?何をしたの?

オオクニヌシは「因幡の白兎」や「国譲り」の神話にも登場する有名な神様ですが、葦原中国(あしはらなかつくに)、現在の日本をつくった神様でもありました。

オオクニヌシが全国を旅したときの相棒が、海の彼方からやってきたスクナヒコナです。

オオクニヌシとスクナヒコナは、海辺で出会いました。

あるとき、オオクニヌシが海を眺めていると、波の向こうに小さな船が浮かんでいるのを見つけます。

よく見ると、その舟はイモの実のサヤで作った小さな舟で、そこには小さな小さな神様が乗っていました。

オオクニヌシは小さな神に名前を尋ねましたが答えず、従者もその名前を知りませんでした。

するとカカシの神が「造化三神の神・カミムスヒの子で、スクナヒコナといいます」と教えました。(造化三神とは、世界に天と地が誕生した時に、神々が暮らす高天原に最初に現れた3柱の神様のこと。)

カミムスヒも「私の指先からこぼれ落ちた子だ」といい、オオクニヌシと組んで一緒に国づくりをするように命じました。

 

こうして出会った2柱は、日本全国を旅しながら、国土開発や農業技術、医療の知識を人々に授けていきます。

健康・医療・温泉の神様

スクナヒコナとオオクニヌシは、人々に害獣や害虫を防ぐ方法を教え、農業の発展に大きく貢献します。

また酒造技術の普及にも一役買いました。

さらに、人間のために体に良いとされる温泉を開いたのも、スクナヒコナとオオクニヌシです。

神々と違い、若くして死んでしまう人間をみて哀れに思った2柱は、温泉が体に良いことを人々に教えたといわれています。

そのため、全国各地の「温泉神社」には、オオクニヌシとスクナヒコナが祀られています。

暮らしを豊かにする技術を授け、酒が持つ消毒力を教え、体の調子を整える温泉を開いた2柱は、いつしか私たちの健康を守る神様として祀られるようになりました。

薬(くすり)の神様

薬問屋が軒を連ねる大阪・道修町の一角に、少彦名神社があります。

道修町は豊臣秀吉の時代から、薬種取引の場として栄え、薬種業者が集まる様になりました。

江戸時代には、幕府は道修町の薬種屋124軒を株仲間として、中国から伝わった薬種や日本製の薬を検査し、全国へ販売する特権を与えます。

ところが薬は人命に関わるため、当時の医療知識では検査が難しかったようで、安永9年(1780)に京都の五條天神社から医療の神様である少彦名命をお招きし、守り神としてこの神社にお祀りしました。

さらに少彦名神社には、中国の薬祖神である「神農神」も一緒に祀られています。

もともと江戸幕府がつくった薬草園に祀られていたのがきっかけで、江戸の薬種問屋などに広がり、古くから医療の神様・少彦名命と結びついて、一緒に「神農さん」として祀られるようになりました。

昔も今も「神農さん」と呼ばれ親しまれる少彦名神社は、道修町の薬品会社で働く人たちの守り神として大切にされています。

この信仰がやがて全国にも広まり、スクナヒコは医療の神様としてだけではなく、薬の神様としても知られるようになりました。

スクナヒコナのご利益は?

  • 健康成就
  • 無病息災
  • 家内安全
  • 薬学・医学試験合格祈願
  • 酒造業守護

スクナヒコナの別称

  • 少彦名命(すくなひこなのみこと)
  • 少名毘古那神(すくなびこなのかみ)
  • 小比奈比古(すくなひこ)
  • 須久奈比古命(すくなひこのみこと)
  • 小比古尼命(すくなひこねのみこと)
  • 須久那美迦微(すくなみかみ)
  • 少日子根(すくなひこね)
  • 小比古尼(すくなひこね)
  • 少名毘古那(すくなひこな)
  • 宿奈毘古那(すくなひこな)
  • 少彦(すくなひこ)
  • 小日子(すくなひこ)
  • 小名牟遅神(すくなむちのかみ)
  • 久斯神(くしのかみ)