日本の神さま・神話

スサノオ(素戔嗚・須佐之男)

スサノオは、とにかく凄まじいパワーを持つ神様です。

様々な問題を引き起こし、暴れに暴れまくる荒神ですが、あることをきっかけにヒーローに華麗なる転身をしました。

荒神として人々に恐れられたスサノオですが、現在は私たちの国土に農耕をもたらし、さらには縁結び・夫婦円満の神様として全国の神社に祀られています。

どんな神様?何をしたの?

スサノオは日本の国土をつくったイザナギを父にもち、姉には太陽の神であり最高神のアマテラスをもつ、神々の中でもエリート一族の三男坊として生まれました。

イザナギが黄泉の国から地上に戻り、身を清めるために川(海)へ入り禊(みそぎ)をしたことで生まれたのがスサノオです。

全身を清め、イザナギが最後に左目を洗うとアマテラス(太陽の神様)が、右目を洗うとツクヨミ(月の神様)が、そして鼻を洗うとスサノオ(海原の神様)が生まれました。

この3柱は「三貴神(さんきしん)」と呼ばれる、日本において最も強力なパワーを持つ神々です。

荒神として恐れられる神

神話の中でイザナギは、アマテラスには高天原(天上界)を、ツクヨミには夜の国を、そしてスサノオには海原を治めるように命じました。

ですがスサノオだけは、母を恋しがって泣くばかりで、いっこうに海に行こうとしません。

スサノオがあまりにも激しく泣くので、川も海も枯れてしまい、世の中に災いをいくつも招いてしまいました。

ついにはスサノオは、父・イザナギから追放されてしまい、姉のアマテラスのところへやってきました。

その後、姉・アマテラスの治める高天原に居座ることに成功したスサノオは、高天原で破壊や暴力を繰り返し、大暴れします。

アマテラスが祭祀を行う御殿に糞をまき散らしたり、機織り小屋に皮をはいだ血だらけの馬を投げ入れ、アマテラスと一緒に機織りをしていた女性を殺してしまったり・・・

そんな弟に恐怖を抱いたアマテラスは、ついに天の岩屋に引きこもってしまいました。

するとどうでしょう。

太陽の神であるアマテラスがいなくなると、天も地も真っ暗闇に閉ざされ、あらゆる災害が起こりました。

のちにスサノオは高天原も追放になり、各地を旅することになりますが、その道中でも怒りにまかせて女神を切り殺すなど、ドン引きな事件をたくさん起こしています。

このエピソードからもわかるように、とにかく荒れすさんだ気質を持つ神で、何をするにも世界を巻き込んだ大事件にしてしまう、そんな神様がスサノオです。

出雲の国の人々を守る英雄

そんな制御不能なエネルギーを持つスサノオは、意外にもその力を葦原中国(あしはらなかつくに)の発展に大きく寄与することになります。

高天原を追放されたスサノオは、地上に降り、出雲国で美しい娘と出会いました。

のちに妻となる、クシナダヒメです。

クシナダヒメと出会い、彼女の為に八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したことがきっかけで、荒ぶる神は一転、正義のヒーローに。

父や他の神々にも呆れられ、嫌われて、二度にわたって追放される厄介者ですが、地上に降りてからは、人が変わったように正義感を発揮し、出雲国に平和をもたらした英雄となります。

愛は人を変えるといいますが、クシナダヒメと出会い恋に落ちたことで、スサノオ自身にも変化が生まれたのかもしれません。

愛妻家としても有名

 

出雲の国に立派な宮殿を建て、奥さんとの暮らしを大切にしたスサノオ。

妻・クシナダヒメへの愛情を詠んだ和歌は、日本で一番古い和歌といわれています。

また2柱の間には、たくさんの子供が生まれました。

理想の夫婦として語り継がれるスサノオとクシナダヒメは、縁結び・夫婦円満の神様として知られ、全国の神社にお祀りされています。

2柱が暮らした出雲地方にはゆかりの神社がいくつもあります。

島根県松江市にある八重垣神社は、夫婦の椿と呼ばれる木や、奥の院にはクシナダヒメが八岐の大蛇から身を隠したという森があることでも有名です。

ちなみに子孫繁栄にもめぐまれ、その子孫の1柱が日本の礎を築いたオオクニヌシとされています。

農業守護の神様

地上で英雄になったスサノオは、五穀豊穣の守護神でもあります。

「大蛇」は山や河などの自然を表し、洪水や災害を意味しています。そして「クシナダヒメ」は稲田の象徴です。

八岐の大蛇退治の物語は「水を制御して稲に実りをもたらすことを表している」ともいわれており、実はスサノオが農耕を地上にもたらす神であることを示した物語だと考えられています。

スサノオのご利益は?

  • 縁結び
  • 子宝・安産
  • 夫婦円満
  • 子孫繁栄
  • 家業繁栄
  • 厄除け
  • 五穀豊穣

スサノオの別称

  • 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
  • 素戔男尊(すさおののみこと)
  • 素戔嗚尊(すさおののみこと)
  • 須佐乃袁尊(すさおののみこと)
  • 神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)
  • 須佐能乎命(すさおののみこと)
  • 熊野家津御子大神(くまのけつみこのおおかみ)
  • 家津御子神(けつみこのかみ)