日本の神さま・神話

タケミナカタ(建御名方神)

タケミナカタは、戦の神様です。

古くは狩猟の神として信仰され、狩猟の武器に神の力が宿る(狩りの成功に神の力を借りる)ということから連想され、いつしか武神として、武家を中心に篤く信仰されていきました。

また、山の神として狩猟を守り、水神・風神として農業に恵みをもたらす、人々の暮らしを大きく守護する神様でもあります。

どんな神様?

古事記によると、「国譲り」のエピソードで最後まで国譲りに反対した神様がタケミナカタ。

アマテラスの命を受けたタケミカヅチは、出雲国の稲佐の浜に降り立つと、剣の刃を上向きに突き立て、その上にあぐらをかいてオオクニヌシに国譲りを迫りました。

アマテラスはオシホミミ(アマテラスの息子)がこの国を治めるべきだといっているが、オオクニヌシはどう思うか?

これをみたオオクニヌシは、

私には答えられません。わが子、コトシロヌシに意見を聞いてください。

と告げました。

そこでタケミカヅチはコトシロヌシに国譲りを迫ったところ、あっさりと承諾。

ところがコトシロヌシの弟・タケミナカタは、国譲りに反対しました。

そしてタケミカヅチに力比べを挑みます。

どうしてもこの国が欲しいなら、力比べをしようではないか!

タケミナカタはとんでもなく大きな岩を抱え、大岩を投げ捨て、タケミカヅチの手を取り投げ飛ばそうとしました。

すると、タケミカヅチの手は氷や剣に変身。

驚いたタケミナカタが手を引こうとすると、逆にタケミカヅチがタケミナカタの手を取り、軽くひねって投げ飛ばしてしまいました。

タケミナカタはあまりの力の差に恐ろしくなり、出雲から諏訪(長野県)まで逃げ、命乞いをしました。

私はこの諏訪から動きません!国はアマテラスのお子に差し上げます!

それ以降、タケミナカタはこの地に鎮まることとなりました。

それが現在の諏訪大社です。

「国譲り」のエピソードでは何とも情けないタケミナカタですが、時代がたつにつれ「武家の守護神」として信仰されるようになります。

その信仰は現在も続き、「戦の神様」として全国の神社に祀られています。

タケミナカタのご利益

  • 五穀豊穣
  • 商売繁盛
  • 交通安全
  • 武運長久

タケミナカタの別称

  • 建御名方神(たけみなかたのかみ)
  • 南方刀美神(みなかたとみのかみ)
  • 御名方富命神(たけみなかたとみのかみ)
  • 建御名方富命(たけみなかたとみのみこと)
  • 健御名方富命(たけみなかたとみのみこと)
  • 建御名方命(たけみなかたのみこと)
  • 武御名方命(たけみなかたのみこと)
  • 健御名方刀美神(たけみなかたのとみのかみ)
  • 武南方富命(たけみなかたとみのみこと)
  • 武南方神(たけみなかたのかみ)
  • 武御名方主命(たけみなかたぬしのみこと)
  • 御名方刀美命(たけみなかたのとみのみこと)
  • 諏訪神(すわのかみ)
  • 諏訪明神(すまみょうじん)
  • 諏訪大明神(すわだいみょうじん)
  • 諏訪南宮法性(すわなんぐうほっしょう)
  • お諏訪さま(おすわさま)