お寺の参拝方法

私たちの身近にあるお寺や神社は、宗教の違いがあっても、日頃の感謝や願いを伝えるためにお参りするという意味では同じです。

神社の参拝作法と混同してしまいがちですが、お寺にも参拝の作法があります。

参拝の基本を確認して、その場所や歴史に敬意を持ち、気持ちよくお参りをしましょう。

1.三門をくぐる

三門から中は仏様がいる場所。

 

そのため合掌したまま一礼をし、門をくぐる。この時、敷居を踏まないように注意を。

2.手水の作法

三門をくぐり手水舎がある場合は、手や口をすすいで心身のけがれを落とします。基本的には神社の作法と同様です。

お寺によっては、手水舎がないこともあります。その場合はそのまま本堂前へ。

 

① 柄杓をとる

右手で備え付けの柄杓(ひしゃく)をとり、水を汲む。

この水で⑥までの動作を行う。

② 左手を清める

まずは柄杓の水を左手を洗う。

③ 右手を清める

柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗う。

④ 口をすすぐ

柄杓を右手に持ち替えて、左手に水をため、口をすすぐ。

柄杓に直接口をつけたり、水を飲んだりしないように注意を。

⑤ 柄杓を洗う

残った水を柄杓の柄にかける。

 

次に使う人にも気持ちよく使ってもらうためのマナー。

⑥ 柄杓を戻す

柄杓を元の場所に伏せて終了。

3.お参りする

仏様のいる本堂前でお参りをします。

ろうそくや線香がある場合は、先に奉納します。

お寺では二礼二拍手一礼はしません。音を出さず、静かに手を合わせましょう。

 

① お供え物を奉納する

ろうそくや線香がある場合は、先に奉納する。

常香炉があれば、仏様に供えた線香の煙を浴びて身を清める。

② 賽銭を納める

お堂では合掌して祈願する前に、軽く一礼をする。

それから本堂前の賽銭箱にお賽銭を納める。

③ 手を合わせる

もし鰐口(わにぐち)があれば鳴らす。回数に決まりはないが、3回鳴らす場合が多い。

音を立てず胸の前で静かに手を合わせ合掌、ご本尊に祈願する。

祈願を終えたら、合掌したまま一礼する。

参拝の豆知識

お寺の鐘

寺院の中には、参拝者が自由に鐘をつける場所もあります。

その場合は、仏様へご挨拶する意味があるため、本堂への参拝前に鐘をつきます。

 

参拝後に鐘をつくのは「戻り鐘」といわれ、縁起が悪いとされているので注意を。

ろうそくと線香

献灯は「世間を明るく照らし、仏様に正しく導いてもらう」という意味が込められています。献香は仏様をもてなす意味と、身を清める意味があります。

 

参拝者のろうそくや線香から火をもらうのは避けましょう。もらい火は、人の業(罪や悪い者)までもらい受けるとされています。

お賽銭は修行

お寺でお賽銭は仏様にお金を捧げ、金銭への執着を捨てる一種の修行です。

 

身の丈に合わない生活を戒める意味がありますが、修行といっても金額の多い少ないは関係ないのでご安心を。