日本の神さま・神話

ツクヨミ(月読・月夜見)

月の神様である、ツクヨミ。

日本の国土をつくったイザナギを父に持ち、「三貴子」と呼ばれる最も尊い神の1人です。

日本の神々の中でも重要なポジションにいる神様ですが、実は謎がとても多いのがツクヨミ。

生活に欠かせない暦の神様

日本の神話にはほとんど登場せず、その性別さえも不明。まさにミステリアスです。

姉・アマテラスと弟・スサノオがカリスマ的な存在の一方で、姉弟で最も影が薄い神様です。

神話の中に登場することが少ないため、由来や詳細については不明確ですが、「月を読む」との名前通りから月の満ち欠けを司る神様だという説が有力です。

古来日本では、月の満ち欠けによって暦(今でいうカレンダー)をつくり、生活に役立てていました。

1年のサイクルを知ることで暦を農業へ活用したり、潮の満ち引きを予測し漁業を行ったりりと、生活する上で最も重要な意味を持っていました。

日本人の生活にとって欠かせない月を神格化し、神様として祀られたのがツクヨミです。

外灯や明かりがほとんど無い時代には暗闇を月明りで明るくし、人々を照らし続けました。

また、日本には月を愛でる文化があります。日本人は1日の終わり、季節の変わり目に月を見上げ、月を「お月さん」と親しみを込めて呼びました。

ツクヨミのご利益は?

  • 海上安全
  • 農業守護
  • 五穀豊穣
  • 諸願成就

ツクヨミの別称

  • 月詠命(つきよみのみこと)
  • 月読命(つくよみのみこと)
  • 月夜見命(つきよみのみこと)
  • 月讀命(つくよみのみこと)