岩手

卯子酉様(岩手県遠野市)

卯子酉様(うねどりさま)は、岩手県遠野地方に伝わる伝承・伝説をまとめた「遠野物語」にも登場する神社です。

縁結びのパワースポットとして知る人ぞ知る神社には、良縁祈願する赤い布が、境内にところ狭しと結びつけられています。

どんな神社?

卯子酉神社は、卯子酉明神という神様を祭神として祀っています。

神社のはじまりは、江戸時代に遠野の商人であった港屋平兵衛という人物が、岩手県の県下にある普代村鳥居の卯子酉明神(現在の鵜鳥神社)を祀ったのが起源とされています。

この神社が一躍有名になったのは、今から100年以上前に刊行された「遠野物語」という本がきっかけでした。

遠野物語は、遠野に古くから伝わる民話や伝説をまとめた本です。

遠野物語の中で、かつて卯子酉様のある一帯は大きな淵で、そこには「淵の主」が住んでいたという伝説が紹介されています。

なんでも淵の主に縁を取り持つ様に願うと、不思議と男女の縁が結ばれたとか。

遠野市にはこの卯子酉神社の他にも、卯子酉様が住む祠(ほこら)がいくつか存在しており、古くから縁結びの神様として地元の人々から親しまれていたようです。

卯子酉神社の御朱印

「卯子酉神社」には御朱印はありません。というか無人です。

縁結びの赤い布は100円でいただくことが出来ます。(社殿そばに設置されています。)

赤い布に願いを書いて、左手だけで赤い布を結ぶことができたら「縁が結ばれる」といわれています。

岩手の御朱印まとめ岩手県の御朱印情報を写真付きでまとめています。エリア別に確認できるので、御朱印集めの参考にしてください。...

卯子酉神社へのアクセス

所在地:岩手県遠野市下組町11

駐車場

あり(無料)

※さわやかトイレ(公衆トイレ)の駐車場利用可能